SNS

Contact Form

コンテンツ

家づくりのポイント

家づくりの流れ 新築編

家づくりの流れ(新築)の一般的なスケジュールをご覧いただけます。

 

1.ご相談(無料)


「こんな家を建てたいな」、「こんな土地で家はたちますか?」など、家づくりについての疑問、質問など、可能な限りのアドバイスをさせていただきながらの面談となります。
また事例を踏まえた家づくり等紹介しながら、お話をさせていただきます。

※出張相談での打合せ時間は1回あたり2時間以内としております。予めご了承ください。

 

 

2.ご依頼(有料)


プラン制作・提案(プレゼンテーション)

仕事内容について「重要事項説明」を行います。
※法律で定められている業務規定です。

 

面談後、「やまぐち建築設計室」と計画を進める事になった際、家族のいえづくりに対する想いや現在の住まいでの不便な事、新しい住まいでのコンセプトになるような内容、持ち込み家具の予定、電化製品や駐車場の計画等を「住まいのチェックシート」へアンケート形式で記載(書き込んで)いただきます。
着手金をお支払いいただきます。
計画内容や希望、面談を繰り返して、土地の法令制限を検討しながら間取り図や写真、プラン図等を用いて提案(プレゼンテーション)を行います。

 

 

3.設計・監理契約


プラン制作・提案(プレゼンテーション)

建築士業務委託契約
設計・監理契約後に「書面の交付」を行います。
※法律で定められている業務規定です。

 

計画内容や希望、面談を繰り返して、土地の法令制限を検討しながら設計・監理契約を結ばせていただきます。
設計・監理契約を結ばせていただきます。
[契約時に設計費用・監理費用の一部をお支払いいただきます。

 

 

4.設計内容打ち合わせ・検討作業


打ち合わせを重ねながらご要望をさらに深くお聞きし、具体案を設計していきます。
プラン作成・提案(プレゼンテーション)時の内容をより詳しく計画します。

※打合せ時間は1回あたり2時間程度とさせていただいております。

 

 

5.実施設計図作成


工事に使用する図面の作成を行います。
また、使用する予定の器具や各部仕上げ等について緻密な打ち合わせを行います。図面作成中は打ち合わせを交えながら、実施設計図のご説明をさせていただきます。図面作成完了段階で中間金として
設計費用・監理費用の一部をお支払いいただきます。

 

 

6.現場・設計内容説明、見積・見積内容の調整


工事業者の工事方法、商品納入ルート、工事職人により金額にバラツキがあります。

 

工事業者選定の為、現場・設計内容の説明を行い、工事費用の見積を発注します。見積の内容が適正であるかなどチェックを行います。
ご予算の調整が必要な場合には、減額案等のご提案をさせていただきます。
また、工事業者選定へのアドバイス等も行います。
見積により工事業者がいくらの金額で工事ができるのかを確認します。

 

 

7.工事契約


見積書、工事業者の対応を検討し、契約図を基にして工事契約を行います。
※契約図とは、金額・内容のご承認を頂いた図面として契約時に契約書類に添付する図面です。契約後に変更があった場合は、この図面から金額が増減。
 
 

8.建築確認等、工事着手に必要な行政手続き


手続きに必要な図面の作成を行い、それらの手続きの書類を作成し申請を行います。建築予定地の法律上の制限、土地の物理的条件、予定建築物の条件で内容が異なります。

 

 

工事期間5~6カ月(工事業者との契約)

 

 

9.工事着手


工事挨拶など行政・検査機関の検査等

 

解体工事が必要な場合は、解体作業が発生します。地鎮祭を行った後、建物を支える基礎・地盤工事が行われます。
地鎮祭-工事に先立って土地に感謝し、土地を清め、工事の安全を願う祭事
工事中、現場監理として週1~2回現場でのチェック、打ち合わせを行います。

 

 

10.上棟


行政・検査機関の検査等

 

工事の骨組みが出来た時点で、上棟式を行います。
上棟式-無事棟が上がった事に感謝し、祈願する儀式
工事中、現場監理として週1~2回現場でのチェック、打ち合わせを行います。

 

 

11.竣工


行政・検査機関の検査等

 

工事が完成した時点で点検・住宅設備機器の取扱説明など行います。
完成工事の撮影・完成披露会などを行います。

 

 

12.完成


建物の登記等「工事監理報告書」を提出します。
※法律で定められている業務規定です。

 

建物・エクステリア等の工事が完成し、お引渡しを行います。
お引渡しの段階で、最終金として設計費用・監理費用の残金をお支払いいただきます。

BACK